9/30 農業活性化調査特別委員会で、㈲米八さんを視察。

9/30㈭ 農業活性化調査特別委員会で、南区味方の㈲米八さんへスマ−ト農業取り組みの様子を視察させていただきいただきました。
米八さんは、約40haに水稲、大豆、玉ねぎ等を作付している、農地所有適格法人で、パ−ト、アルバイトさん6名を含む10名体制で、スマート農業に取り組んでいらっしゃいます。ドローンによる圃場の凸凹診断、人工衛星による地力診断、水田の水位や温度を測定する水位センサー、デ−タにより作物の生育管理を行う営農支援アプリの説明をしていただいた後、圃場毎の収量が自動記録されると共にデ−タ化もされるという、ICTコンバインによる稲刈りの様子を実際に見せていただきました。
測定デ−タや診断デ−タ等の自動集約が可能になり、作業においては経験が浅い人でも、経験を積んだ人と遜色ない作業を迅速にこなすことが出来、熟練者にとっても時間短縮や精神的な負担が軽減されるなどのメリットが沢山ありますが、導入資金が高いなど導入に向けてのハ−ドルも多く立ち塞がっていることも課題です。ハ−ドルを越えやすくして、スマート農業が推進されるよう、委員会のメンバーのひとりとして、議論を重ねてまいります。

アバター
皆様の「声」を市政に!
投稿を作成しました 63

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る